女の人

ボトックス注射で小顔になろう【副作用を知っておくべし】

  1. ホーム
  2. 小顔整形施術の注意点

小顔整形施術の注意点

注射

施術はリスクを考慮する

美しい自分をめざし日々、理想のスタイルのためにダイエットなどに励んでいますね。そんなあなたはダイエットでも引き締める事の出来ない、お顔の悩みがあるのではありませんか。せっかくスタイルがよくなっても、お顔とのバランスが気になる。どうにも顔が大きく感じられて、ぽっちゃりしている。もっと顎のラインがシャープになれば小顔になれていいのにと考えていませんか。その悩みはボトックスで解消できるかもれません。ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出した毒素を滅菌食塩水で10倍に薄めた薬剤です。この薬剤は注射によって注入され、筋肉の弛緩、減退をおこさせる効果があります。その薬剤を、気になる部分の筋肉に注入してお顔を引き締めるのです。 ボトックスという施術、もともとは顔面麻痺や小児麻痺の治療に使われていました。麻痺でうまく動かない筋肉をほぐす治療法として実績があり、安全な方法です。ボトックスは安全な方法ですが、注意すべき副作用もあります。その副作用とはなんでしょうか。施術が上手くいかない場合、表情が乏しくなってしまったり、険しくなってしまったりする可能性があるのです。ボトックスはお顔の表情筋を弛緩させます。この筋肉への薬剤の投与量や場所にミスがあると副作用が起きるのです。それを防ぐには、実績のある整形医院と信頼あるドクターに依頼することです。ボトックスを利用する目的は、とにかく手軽にできるということです。ボトックスは美容整形でおこないますが、手術を行わない施術ですので短時間で済みます。短時間で終わりますが、それだけに事前のカウンセリングをしっかり行う必要があります。安易に考えて施術してしまうと、予期しない副作用を起こします。必要な場所ではないところに薬剤が投与されてしまうと、表情が変化してしまう可能性があるのです。その為にも、実績のあるドクター依頼し、副作用のリスクを理解したうえで行うことです。ボトックス自体は、お顔の表情筋に薬剤を投与するだけですので、ほとんどキズは与えませんしお肌も荒れません。ボトックスは筋肉に弛緩をもたらす医療法ですが、美容整形ではシワを伸ばす活用方法もあります。よく行われるのは額のシワ取りなどが有名です。この施術にも副作用はあります、それはお肌の老化を促進してしまうことと、表情が乏しくなること。シワの無い一見美しい肌が実現しますが、施術を継続する必要があります。その他、眉のバランスを整えたり、表情の改善したりすることなどにも役立ちます。これらにも当然副作用があり、眉はバランスの副作用、表情は希望する表情と違うなどです。いずれにせよ、施術例を多く持つ実績ある医院とドクターならば防ぐことができます。ボトックスを希望されるならば、事前によくカウンセリングを受けられてから実施しましょう。