治療中

歯科ドッグを受ける

歯科や矯正歯科では、歯科医に歯の状態を診てもらう歯科ドッグを定期的に行なっています。歯の健康状態を検査するもので様々なチェック項目があり、自分の口内の環境を詳しく知ることが出来るようになっています。

レントゲン写真を見ている医師二人

医師のカウンセリング

歯科では治療を行なう前に口内の状況を確認してからカウンセリングを行ないます。その際には多くの方に自分の口内の状態を知ってもらえる様に行なっています。より丁寧なカウンセリングをしてくれる歯科を選びましょう。

男性医師

歯科で販売

歯科では歯の状態や歯肉の状態からちょうどいい歯ブラシや他の歯科グッズを薦めてくれます。歯ブラシだけでも歯の状態は変化するので、医師のアドバイスは素直に受け入れてみましょう。

最近の歯科

舌ブラシ

歯科は痛いや怖いと考えるお子さんもいます。大人の方でも小さいころにあまりいい想い出がないといったことから歯科にいくのをためらいがちになってしまいます。
とくに、お子さんが歯科にいくのを怖がり泣いてしまうとかなり心苦しくなって無理やり連れて行くということをしない親御さんが多くなってしまっています。
しかし、初期虫歯から進行してしまった虫歯は自然には完治しません。
そのまま歯科に行かずに放置しておくとそのうち激しい痛みを伴う事が多いので、虫歯は初期のうちに治療するのが望ましいと考えられています。
近年の歯科ではお子さんでも通いやすいような小児歯科などが痛みの少ない治療を心がけているので安心して通うことが出来るようになっています。
大人の方でも気軽に通うことが出来るような雰囲気作りを心がけている歯科が多いので虫歯を放置せずしっかりと治療しましょう。

虫歯は大切な歯を出来る限り長い間多く残すためには様々な工夫が必要になってきます。
虫歯は初期であればかなりの確立で麻酔をしなくても痛みを感じない治療を行なってくれるので、虫歯は初期の状態で治療を行なうのがベストです。
忙しいからと虫歯治療を行なわなかった場合は痛みが出てきたり、最終的には歯を失ってしまったりなどの最悪の事態になってしまいます。
神経が死んでしまって痛みの感じない歯と歯肉に膿を溜め込んでしまう事もあるので、虫歯は出来る限り多くの方が初期で歯科を訪れる事が重要になってきます。